いぼ切除で綺麗な肌になる【早めに受診する】

サイトメニュー

気になる治療について

医者

どんな方法があるのか

加齢に伴う肌のトラブルはシミやくすみ等がありますが、いぼもまた加齢による肌のトラブルです。適切に切除手術を受ける事で綺麗に取り除く事が出来るのですが、実際に何科に通うべきか迷う方が多いです。一般的に皮膚の事は皮膚科になりますが、いぼの治療だけでなく綺麗に取り除いて切除跡も残したくない場合は美容整形外科になります。この違いは治療範囲と言え、皮膚科は患部の治療のみで美容整形外科は患部及びその跡や周辺の皮膚といった治療と見た目改善が範囲となります。いぼの切除は保険適用の治療が受けられるのですが、美容整形外科では保険適用外の治療が主となります。部位や大きさ、そして数により異なるのですが保険適用なら3割負担で3000円程で、簿用整形外科では1万円程になります。この様に治療範囲の違いと費用の違いがあります。老人性のいぼは命の心配はいらないので、そのまま放置される方もいますし市販の薬でセルフケアされる方もいます。セルフケアでは1ヶ月で1000円程になります。費用だけでは決められない個々の希望もあるので、どの方法も同じ位選択されています。加齢に伴うトラブルであるいぼの場合、保険適用か適用外の治療もしくはセルフケアがあります。セルフケアは市販薬を塗布するタイプが多く、決められた回数を塗布するのみです。ドラッグストアで簡単に手に入れる事ができます。クリニックで切除手術を受ける場合は、受診方法は一緒ですが皮膚科と美容整形外科で流れは違います。皮膚科の場合は一般的な病院と一緒で予約するか、予約しないで通院するかの方法になります。個人経営か大きな病院かで違いますが受診した際は検査を受けます。いぼが悪性でない事を確認し、治療方法について説明され施術されます。病院によっては当日に切除手術を行う場合もあります。美容整形外科では受診方法は一緒なのですが基本的に予約制となっています。受診したら質問シートを埋めて検査を行います。大きな違いはこの後のカウンセリングであり、その際自身の切除後の希望や悩み、そして費用について相談する事ができます。希望に沿って医師が治療方法を提案して、それに納得した場合施術となります。施術は後日でも可能であり、他医院で受けてもかまいません。